院長ブログ

2023-11-12 13:05:00

この広い芝生いっぱい

IMG_0300.JPG

天気の良かった10月の休日に、みちのく杜の湖畔公園に行ってきました。木々が点在し広大な敷地は花や芝生でいっぱいでした。都市にあるテーマパークのようにエレクトリックなアトラクションは無く、皆さんボール遊びやピクニックで弁当、子供たちは滑り台などの遊具で遊んでいるシンプルな公園です。しかし駐車場は100台以上は停まっているだろうなと思えるほど盛況でした。前は海で後ろは山のリス式海岸で育った自分としては、広い芝生の敷地が別の世界のように感じます。

 ところでこんな山に囲まれて木や花だらけだと、最近恐れられているクマが出現するのでは無いかと要らぬ心配しましたが、あまりに広すぎるのでそれはないだろうと思いつつもキョロキョロしてました。最近のクマは本来冬眠に備えて山の中だけで生きて行けるはずが、今年の猛暑でドングリの実とか餌が少なくなったため街へ出てくるのでしょうね。

いまだに不思議なのは動物が冬眠することですね。熊は冬眠中にエネルギーを節約するため、代謝を抑えて心拍数が普段50数回なのに10回くらいまで減少するそうです(驚)! すごいのは冬眠中に出産までするらしいです(驚々)‼

同じように人間でも素潜りで初めて水深100メートル以上潜ったジャック・マイヨール氏は、約5分間も潜水するそうですが、そのあいだ心拍数は37~8回まで下がったそうです。これは潜水中では息ができないわけですから、酸素の消費を抑えるための必然的な反応でしょうが人間業とは思えませんね。

先日、なんとなく診療中の自分の血圧は一体どれくらいなんだろうと思って、診療の合間に血圧を測ったら安静時より最高、最低とも約20、心拍数も10以上は高くなっていました。診療は神経集中、テンションmaxでやっていますから、当然といえば当然ですが、メンタルにも負担がかかるはずですから、時にはリラックスも必要だと思います。それで昔、メンタルが不調の人は、緑(木や草)のある所に連れて行けば改善する、という話を聞いたことがありますので、この日ばかりは血圧も心拍数もきっと下がったでしょう。

 ところで熊とジャック・マイヨール氏にはもう一つの共通点があって、それは何かといえば「ジャッ熊イヨール」です。

2023-11-06 08:00:00

歯科医師の使命53

IMG_0267.JPGIMG_0278.JPG

病院HPの「お知らせ」にも掲載しましたが、当医院の待合室と受付の改修工事を行いました。メインのコンセプトは待合室を広くすることと受付をより機能的な形にすることでした。

具体的には朝と午後の診療開始時をはじめ診療中も待合室が患者様で混みあうことと、車いすの患者様には侵入スペースとお待ちしていただくスペースが狭いことを解消することが目的でした。今回の改修工事により待合室の面積はほぼ倍近くになり、座る椅子を増やし車いすの待機スペースを確保しました。これにより患者様の滞在スペースは広くなったと思います。

受付はカウンターを広げて全体を明るくし、患者様への対応がよりスムーズに行えるようにしました。また自動精算機を設置し会計でのトラブルが起きないよう、また早くて正確な精算ができるようになりました。もともとコロナ禍で人とコンタクトしない金銭授受が求められていたのと、キャッシュレスの時代を迎え、現金支払いからやがてキャッシュレス支払いに移行しても対応できるように自動精算機を導入しました。ご高齢者をはじめ不慣れな患者様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきたいと思います。

今回の工事は10月5日から9日まで休診して行いましたが、5日はたまたま当医院が瀬峰に開業して36年目となる日でした。開業当時はかつての待合室と受付でベストな対応ができると思っていましたが、36年もたつとIT化も激変してますし当時は存在しない機器ばかりが並んでおり、とてもこれではやっていけないと思うようになって改修したので時代の変化を強く実感させられます。

日々歯科医師の意識と技量と知識を高めるための研鑽に励んでおりますが、それだけではなくこのような医院のハード面を進化させないと患者様も気持ちよく診療を受けられないだろうと考えた開業36年目でした。

2023-10-17 07:54:00

歯科医師の使命52

IMG_0031.JPG IMG_0062.JPG IMG_0042.JPG

 9月30日、10月1日にパシフィコ横浜で開催されました第9回日本国際歯科大会2023に参加してきました(写真)。土日開催で、当医院に勤務する歯科医師がそろって参加しましたので病院は休診とさせていただきました。パシフィコ横浜はイベント会場で、よく学会が開催されますので見慣れた風景ですが今回の学会はとりわけ大きな日本屈指の学術大会で、会場も230会場に分かれて行われますので見ごたえのある学会です。海外からも多くの演者が参加し4年に一度の開催ですので歯科関係者の関心はく、全国の歯科医師はもちろん歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手など、そのファミリーを含めてたくさんの人々が参加します。当日はよく知る歯科医師が発表を行いましたが、この学会の演者ともなると注目度は相当らしいです。さらにデンタルショーという歯科のメーカーさんによる機械、材料の巨大な展示会も併催されますので短い時間で何を見ていいか迷ってしまうほどです(写真)。

 歯科診療は常に進化進歩しており、昨日までの知識があっという間に古くなってしまうことはよくあります。診療の基本は大事ですが常に新しいことも意識していかないと基本は生かされません。逆も言えます。今回もトップクラスの治療をかいま見ることで自分の目標もさらにアップした気がします。またデンタルショーで見つけた新商品を早速入手することにしましたのでそれも楽しみです。

 それにしても会場のみなとみらいがある横浜は大きな街ですが、すぐ隣に大きな海がドカンとありますし、そばには遊園地もあり夜景を見ると仕事を忘れます(写真)。ビルだけの大都会と違い殺伐とした雰囲気は無く、何か心にうったえられるものがあります。神戸もそうですが、海がそばにあると歌謡曲に出てきやすいのはそのせいでしょうね。

2023-09-10 10:25:00

歯科医師の使命 51

IMG_9905.JPGIMG_9906.JPG

 本年5月より介護老人保健施設「藤の里」様の歯科協力医となりました。月に2〜数回の訪問歯科診療をさせていただいています。8日はその往診の日でした(写真1,2)。施設様の場合、新型コロナ感染の予防のため、通常ご家族様との面会が不可となっている場合が多く、入居者様も安易に通院できないため、患者様にとっても我々にとっても往診は大事な機会です。

 藤の里様にはご高齢の入居様がたくさんいらっしゃいますが、老健施設とはいえ超高齢でも矍鑠(かくしゃく)とした方も大勢いらっしゃるのに驚かされます。「こんなにきちんと説明できてお話しできて、それで95歳なの!?」という方は珍しくありません。体の面で不自由な点はありますが、歳を重ねたなりの治療中の振る舞いや会話の内容でこちらが学ばされることも多いです。よく歳をとると頭の働きも体力も弱ってきてしまい、「歳をとるのはいやだ。」「歳はとるもんじゃない。」とおっしゃるご高齢の方がいらっしゃいますが、亡くなった元聖路加国際病院院長の日野原重明先生の著書の中に「体が衰えてきたとしても、高齢者にしかできないことがある。高齢になって初めてわかることもある。つまり新しい世界が広がるから歳をとることは悲観することはない。」という趣旨の文章を書いておられました。

 私も歯科医師になって40年以上経ち、いわゆる定年退職の年齢もとっくに過ぎていますが、未だにこんなこと初めてだなという臨床経験に何度も出会います。もちろん新しい治療方法や機器も次々と出てきますので、歯科はこの先どうなっていくのだろうと思いをはせるにつけ年齢のことは考えていられません。かつて米国元帥のマッカーサー氏が退任演説で「老兵は死なず、消え去るのみ。」と言ってましたが、私は当分「消え去りません。」ね。

2023-09-06 08:40:00

真夏の食レポ

IMG_9862.JPGIMG_9858.JPGIMG_9873.JPG

お盆は特に旅行に行くでもなく、仙台で用達をしたり外食しました。こんなに暑くては麺類が好きな自分としても熱いラーメンは無理なので冷たいそばをたべました。そばを食べに行ったお店は若林区六丁の目にある「草太」さんです。噂を聞いて初めて行きましたが、場所は広い道路に面したところではなく、入り組んだ住宅地の中にありました。看板はあるものの、店の作りはわざと作ったのかそういう家を買い取ったのか、瀬峰でもよく見る普通の民家仕様です(写真)。普通の形をした玄関の隣によくある屋根のかかった駐車場があり、そこに停めました。中に入ると右手には茶の間と奥に台所(厨房)、左手に廊下と縁側と広間に床の間があり、障子がないだけで「これでそば屋?」と思うほどの普通の民家でしたが席はすでに満席。ありふれた日常の設定なので、ソバは「中盛り」を頼んだところドカ盛りでした。注文した時、お店の女性が「中盛りは普通のおそばの3倍ぐらいですよ。」とニコニコしていましたが、お腹も空いていたので「そんなことないでしょ。大丈夫でーす。」と言ったものの、量がばく大(写真:メガネとの比較)で麺は太くしかも結構な硬さでしたので、入店した時は満席でしたが食べ終わるまで30分以上かかりお昼最後の客になってしまいました。その日は夜になっても満腹感は引かず、ビールとつまみで終わりました。

 別の日は秋保温泉にあるドットーレというピッツア屋さんへ行きました。このお店も秋保温泉のホテル岩沼屋さん脇の細い道を進んだ狭い住宅地にあり、こんなところに誰が来るの?というばかりの民家(病院?)を改造したような中古の建物でした。しかし店に入ったら満席で、5組目の順番待ちで席が空いたら電話で知らせてくれるという超盛況ぶり。待つこと20分で入店でき、頼んだピッツアは写真にあるルッコラと生ハムモリモリのピッツアです(写真)。自分はイタリアンは好きで、ピッツアもよく食べますがここの生地は過去に食べたおいしいピッツア、ベスト5に入るほどの食感でした。見た目ほど大盛ではなくすんなりいただきましたが、車で行きましたのでビールで食べられなかったのが心残りでした。ここは秋保の山あいですのでセミがガンガン鳴いていてイタリアンの雰囲気はありませんでしたが、意表を突いたおいしさに感動して帰ってきました。ところでセミって夏の暑さに弱いそうです。「えーっ⁉ホンマかいな?矛盾してない?」と思いますが、今年は暑すぎてセミの出生数が少ないそうです。

 それにしてもこの暑いのに人が集まりそうなところはどこもいっぱいでした。最近の米国は金利を上げても景気が良すぎ、コロナの反動もあって国民の消費意欲が半端ないそうです。先日、人気歌手テーラー・スウィフトさんの記録映画を見ましたが、先日のニュースでは米国でスウィフトさんがコンサートをやろうものならチケットはもちろんグッズや近くのホテルもみんな価格が暴騰し経済効果も半端なく、「スウィフト・フレーション」とも言われているようです。日本人もそこまでの消費意欲は無いようですが、マスクをしない人たちでごった返す今回の食レポを書いていますと、コロナが猛威を振るった頃の「ウツセミ」のような飲食店の姿には戻ってもらいたくないですね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...