院長ブログ

2023-08-20 11:13:00

星に願いを

IMG_9825.JPGIMG_5955.JPG55551.JPG

 8日に仙台の七夕祭りを見ることができました(写真)。仙台に用事があって街に出ようとすると、「やけに人が多いなあ。」と思ったら七夕祭りだったというわけです。元々七夕は7月の行事で雨が多いので仙台では1ヶ月ずらして8月に七夕祭りをやることになったらしいですが、かならず雨にたたられるようです。でも今年は雨が降らないようですがこの暑さには参るでしょう。

もう何十年も宮城県に住んでいますが、七夕祭りが目的で仙台に来たことはたぶん小学生だった60年前と自分の家族を連れてきた30年前の時ですから約30年に1度!の経験です。仙台は牛タンが有名ですが、地元の皆さんはあまり牛タン屋さんに行かないのと同じですね。

小学生の時の記憶を辿れば、とにかく人が多かったことと、七夕飾りの吹き流し部分が異常に長く、小さかった自分の腰くらいまでは隠れました。ですから吹き流しが体に巻き付くのでみんな引っ張ってはちぎっていましたので、そこらじゅう吹流しの切れっぱしが散乱していました。当然前がよく見えませんから人とすれ違うにしても突如人が現れる感じです。よく栗原市は霧の深い朝がありますが、急に対向車が出て来て驚くのと同じです(写真)。親に連れられてきましたが、とにかく迷子にならぬよう必死でしたね。

30年前の時は、東北6県のお祭りで「動き」が無いのは仙台七夕だけだということで、「動く七夕祭り」と銘打って各通りで大きなパレードが行われていました。単にアーケード内を歩くのとは違い、各企業、団体や学校が賑やかな山車や踊りを演出し、自衛隊まで参加していた年もあり、手間や費用も半端なかったと思います。7月7日はもともと織姫さんと彦星さんが天の川をカササギにのって渡り年に一度会う日です。さらに七夕伝説をよく調べると「自分の仕事の腕が上がるよう願う日」ともいわれています。しかしそんなことはつゆ知らず、この30年前の日も強烈な暑さで露店のかき氷や牛タンの串焼き、生ビール三昧だったのを覚えています。 

 そして今回の七夕祭りの早朝、アーケードの奥まで見通せる驚くほどパッツンな吹き流し(写真)を感慨深くしばらく眺めました。パレードはもちろんありませんし、みんなコロナ明けではしょうがないながらも、歯医者として「自分の仕事の腕が上がるよう願い」つつ、思わぬ貴重な体験ができた「たなボタ」となりました。

 

2023-08-03 17:45:00

暑さ余って…。

IMG_9795.JPG

 

 先日は休みの前日に某焼肉屋さんへ行きました。相変わらずの猛暑の日でしたが、なんでわざわざ火に当たりに行かなきゃならないのかと思いましたが、そのお店に予約を取ろうとしたらなんとほぼ満席でムリムリ隙間に入れてもらいました。結局この鬼暑いのにわざわざ熱い焼肉を食いに行くのは生ビールを飲みき行きたいからなんでしょうねえ、たぶん。

 ただ焼肉屋さんに来ていながらオーダーしたのはカルビ、ロースとかではなく気仙沼で有名になったホルモンとかコムタンクッパみたいな本筋から外れたメニューで、1番のハイライトはニンニクオイル焼きでした。我々にとって生ニンニクは仕事がら診療前は禁忌です。食べるとしばらくにおいますので、休みの前の日にしか食べません。ある知り合いのレストランのシェフは牡蠣は絶対食べないそうです。煮ても焼いてもダメなお店の決まりで、牡蠣にあたるとお店が営業停止になってしまうかららしいです。歯科医師の場合だとニンニクは患者様に不快感を与えますからね。

 ニンニクはこの世の最強の栄養食品と言われてますが、においが特徴的で火を通せばにおいが弱まわりますが、肝心の栄養分と独特の味覚も消えてしまう矛盾を持っています。この日は翌日は何もないので目一杯食べました。

 そういえば十数年前お昼休みにどうしてもラーメンを食べたくて長ネギをいっぱいのせて食べ、しっかり歯磨きしたつもりでした。しかし午後の診療で3歳の子供さんに治療中「先生ネギくさぁーい。」と言われ「やばっ!」と思いましたが既に遅し。アワワしていたらお母さんが「何言ってんの!そんなこといいから!」と助けていただいたことがありましたが、思えばネギもニンニクと同じユリ科。生ではやっぱりにおうわなあ、と悟りそれ以来昼食ではにおいのきつい食材から遊離(ユーリ)しました。

 

2023-08-03 17:38:00

真夏の暑さ対策

IMG_9721.JPG

 最近関東のとある都市に行ってきました。さすがに暑くて日中は37まで上がりました。常々暑いのは好きだと公言していますが、「記録的な暑さ」とか「危険な暑さ」とか言われますと調子に乗っちゃあ危ないなと正直思っています。そもそも年寄りは喉が渇いても気がつかないらしいですし、涼しくなった夜に熱中症を発症することもあるので怖いです。378なんて新型コロナにかかった時の体温と同じなわけですから、そんな暑い中で生きていけるのと思いますが発汗による冷却効果があるようで、むしろ発汗作用の効かないプールの中の方が熱中症になりやすいとも言われています。おまけにお酒は利尿作用があるので、飲酒後は余計に水分を補強しなければなりません。ということは、夏は働いて夜に風呂に入ってビールを飲んでそのまま寝てはいけないってことなんです。そうそう。

2023-08-03 17:32:00

港町を渡る風

IMG_9647.JPGIMG_9658.JPG

  先日用事があって気仙沼に行ってきました。生家の前の岸壁に接岸する船はこの日は少なく、穏やかな海面でした(写真)。大島大橋ができて大島へのフェリーが廃止になり周辺の凋落を心配していましたが、今は観光船の発着所となっていて、これからは大島大橋と内湾橋見物の観光客で賑わってもらいたいと思います。

 そのあと日にちを空けずに仙台港のフェリー埠頭に遊びに行きました。そこに停泊していたのは苫小牧行きの「きそ」(写真)で、仙台から車両を何台も運ぶわけですから気仙沼のフェリーとは格段の大スケールです。どこかの高校生の体育会系の団体が乗り込んでいましたが、船の寝台で行く割には新幹線の運賃の半分ですから船の旅情も悪くありませんね。

 ところで同じ海でも「港町」と「埠頭」ではモチーフになる歌が違います。港町と言えば一世を風靡した森進一さんの「港町ブルース」、埠頭と言えばユーミンさんの「埠頭を渡る風」ですかね。もちろんユーミンの埠頭とは仙台ではなく晴海ですが。そもそも詞が「港町---」だと「流す涙で割る酒は だました男の味がする。」で、「埠頭---」は「悲しい夜は私をとなりにのせて」てな流れで、この男女関係の格差の大きさは一体何?と思いつつもどっちの曲も受け入れていた自分は何?と思いつつもその日は交互に動画を見て海のモチーフの違いに納得してました。

2023-06-09 12:46:00

#サッカー コパカバーナ カーニバル イパネマ ボサノバ

IMG_9558.JPG IMG_9559.JPG 

新聞にアスラット・ジルベルトさんが亡くなった記事が載っていました。アストラッド・ジルベルトさんといえばブラジル生まれのボサノバの女王で彼女の代表曲、「イパネマの娘」と言う曲を聞けば誰でもわかると思います。ふつうブラジルと言えばマツケンさんが流行らせたサンバが有名で、カーニバルの派手なノリを想像しますが、こんな落ち着く曲がブラジルにあるなんてといつも感動していました。学生の頃はジャズの範疇のボサノバと言うポジションと捉えていましたが、厳密には全く異なる音楽観です。そういえばボサノバは日本のアーティストにも影響しているようで、荒井由美さんの「あの日に帰りたい」や松山千春さんの「もう一度」や、サザンの「別れ話は最後に」とかみんなボサノバ系ですね。

この日は彼女のCD(写真)を取り出し、コンポで流しながら家族で夕ご飯でした。アストラット・ジルベルトさんの創るとても瀬峰とは思えぬムーディな雰囲気の中で、「おーっ!外食しているみたいだ。」で盛り上がりました。この曲にはスタン・ゲッツさんも参加していますので、「このディスクの次はスタン・ゲッツのカセット(写真)を聞くぞ!」と息巻いていました。しかし食事が進んで盛り上がり、おとなしくジャズを聴く雰囲気ではなくなり、鎮魂のつもりが笑い声もでかくなり最後はサンバ調で盛り上がってこの日は終わってしまいました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...