院長ブログ

2021-07-27 12:18:00

我が身をつねって人の痛みを知れ

202107271945498993.jpg202107271945513281.jpg
 今月の休診の日に自分の歯の治療をしました(写真1)。以前は親友の歯科医師に頼んで直してもらいましたが、今回は当院にたまに診療に来る若い先生に治療してもらいました。こう書きますとすぐ頭に出てくることは、私はよく市内の様々な皆さんを前に歯についての講演をさせてもらっていますが、『自分が子供の時は虫歯だらけでした。』と話しますと、ほとんどの方に『えー?なんで?歯医者さんなのに!』と言われることです。『そりゃ、私だって歯医者になる前は、駄菓子の好きなただの虫歯の多い昭和の少年でしたからねえ。』と弁解することもよくあります。しかし歯科医師になってからは虫歯の出現率はかなり低くなったものの、虫歯が出てくるときは出るんですね。
 さて歯の治療は久しぶりで、5月に入った新しいユニット(診療台)を使いましたので患者さんが味わう今の感覚というものを体感しました。まずは視点が数十センチしか違わないのに、普段見る景色とはとても異なるには驚きます(写真2)。日々の診療で気にかけていることは、患者さんの治療時の姿勢、うがいのタイミング、治療についての声がけ、恐怖感や痛みの抑制…などあげたらキリありませんが、今回治療を受ける立場になってみると「こりゃぁストレスだわな。」と実感します。そもそも人は自分の見えないところの動きに対して恐怖を感じると言われています。背後の物音なんかそうですし口の中をいじられるなんてテキメンですからね。
 そういえば、とり外しの義歯(入れ歯)の治療で患者さんによく『そんなこと言ったって先生入れ歯入れたことないでしょ。』と言われて『---。』となることもしょっちゅうです。やはりその人の立場に立ってみないと誰でも自分本位になりやすいので、今回の経験が今後の診療に役立てばなぁ、と思いつつ頑張って口を開けておりました。
2021-06-24 12:16:00

歯科医師の使命㊸

202106241953159877.jpg202106241953174350.jpg

 16日は歯科校医を任されています栗原南中学校(写真1)へ歯科健診に行ってきました。栗原南中学校と言っても、旧瀬峰中学校と旧高清水中学校が統合されて新しく生まれ変わった学校です。全校生徒は200名弱で、この日は2回に分けた健診の2回目でした。昨年はコロナの影響で感染予防についての対策情報が全く乏しかったため、通常夏休み前に行うはずだったのが、年を越した寒い冬の時期に行いました。
 今回は例年通りの時期になりましたが、生徒さんたちには健診直前までマスク着用、順番待ち時は距離を置き、スピーディな行動をとってもらいました。健診側は完全武装でミラー、手袋は各人ごとに取り換えて行いました(写真2)。最近の栗原市では感染者が出ていませんが、至近距離での仕事なので緊張しました。健診での感想は、やはりコロナの影響で学内での歯磨きが大幅に制限されているせいか、虫歯はないけれども歯の汚れが目立つ生徒さんが多かったような気がします。
 近年児童の虫歯は減少傾向にありますが、成人になりますと歯周病が増加してきます。歯周病の原因は歯の汚れが蓄積し歯肉を弱めてしまうことが原因ですので、この年代から歯の汚れによって歯肉炎が増えてくると今後が心配ですね。それより騒ぎたい、しゃべりたい年ごろなのにそれを大幅に規制されていることにかわいそうだと同情するより、心身の成長に影響しないか心配ですね。はやく新型コロナの勢力がインフルエンザレベル以下まで落ちることを強く願います。

2021-05-26 12:13:00

怖いもの見たさ

202105260857156219.jpg202105260857183872.jpg
 先週の天気の良い日に、自宅の勝手口にある震災でできたコンクリ‐トの階段のひび割れから、小さな蛇が頭を出していました。蛇は超苦手なので「やべー、蛇だ!」とすぐ戸を閉めました。室内から窓越しに写真を撮りましたが(写真1:見たくない人のために小さめのカット)、遠くから見ても気持ち悪いですね。
 人はどうして蛇が嫌いなんでしょう。かのインディ・ジョーンズも蛇が一番嫌いでした。作家の阿部公房氏は人が蛇を嫌うのは「日常性の欠如」だと言ってました。つまり人間は動物に手足(日常性)が無い(欠如)ことを想像できないからだというわけです。しかし手足のない動物は山ほどいますし、ウナギなんかシルエットは蛇同然ですが皆さん大好きでしょ、かば焼きなんかサイコーだし。やっぱりウロコの模様でしょうかね。
 ところが、実は蛇は幸せや健康をもたらすキャラクターとして有名です。それこそWHOのロゴマークなんてもろ蛇ですし、子供の時から蛇の夢を見るとお金が手に入るよ、と聞かされていました。実際一度もそんな夢を見たことがないので経験がありませんが、蛇は弁財天様(豊穣、蓄財の神様)の使いとも言われています。ですから、隙間から蛇が頭を出しているのを見つけた時、気持ち悪かったですが逆に「こりゃなんかの実(巳)入りがあるかも。本棚の隙間に落ちていたお金が見つかるとかさ。」と、調子の良い望みを持ったものですが、ちなみに今日まで何もないです。
 その見た蛇の頭は緑だったので多分青大将かと思いますが、無毒で臆病な種類ですから、ついついそのコンクリートの隙間を遠目に覗いてみました。すると、隙間の奥にはなんと蛇の縞模様の抜け殻が…(写真2:これも小さめで)。「おお!こりゃ縁起がいい!」とホクホク。昔から蛇の抜け殻を財布に入れておくと金運が良くなるみたいなことが言われています。蛇の抜け殻は新しいことが生まれる、幸運が訪れる、などいい話を聞きますのでそっとしておきます。こんな自分に都合のいいいわれや言い伝えだけ信じる自分に嫌気がさしますが、悪い気はしません。しかし次の日からはどこ行ったか分からず、「蛇ちゃんいつまでもいてくれよお。」とせこい独り言を発したのでした。
 そういえば、脱皮する蛇のウロコの抜け殻はしっぽの先から口の先まで一枚仕立てになっているそうです。当然目にあたる部分もそのウロコで一様に覆われています。蛇は動きますからやがてウロコの表面はざらつき、当然目を覆っているウロコもガサガサになり視力が落ちてくるそうです。しかし脱皮するとこのガサガサした目を覆っていたウロコも全て剥がれ、全身つるつるになり、いきなり視界が良くなるらしいです。これが「目からウロコが落ちる」という言葉の語源らしいです。
 そんなことはどうでもいいですね。蛇足でした。
2021-05-17 12:12:00

歯科医師の使命㊷

202105171921174969.jpg
 先週の11日に新型コロナワクチンの2回目の接種を受けました。
今回は2回目のレポートです。接種していただいたのは前回と同じ高橋ハートクリニック様。問診票も前回同様で1回目の副反応を確認され、前回と全く同じ流れで接種します。一つだけ異なったのは前回は左腕でしたが、今回は右腕でした。接種時の痛みもほとんど同じで、その後の肩の痛みは前回よりむしろ軽かったほどです。終わった後、接種記録書にロットナンバーのシールを貼ってもらい帰ってきました。翌日は瀬峰小学校の歯科健診があり、やや不安でしたが健診時は全く影響なく、発熱、倦怠感、頭痛もなくやや拍子抜けでした。
 ところが同じ2回目の接種を受けた当医院のほとんどのスタッフ(全員女性で30代以上)に副反応が現れました。接種直後は無反応でしたが、帰宅した夜から翌日にかけて発熱、体調不良、関節痛などの副反応が続出、半数以上が早退や欠勤することになりました。このことはある程度想定していましたので、病院の診療に大きな影響はありませんでしたが、「2回目は副反応が強くでる。特に女性や若い人ほど。」と言う一般的なデータを裏付けることになりました。翌々日には全員ほぼ通常の状態に戻りましたが、こうなりますと今後接種を予定している特に女性の方は、2回目の接種翌日は休日にするか予定を入れておかない方が無難な気がします。
 また、副反応に対する処置としては対症療法しかないと言われていますが、解熱鎮痛剤については様々な検証、考察があり、投与すべきではないという薬剤も見受けられます。服用は自己判断ではなく、接種医などの指示を仰いでいた方が安全かと思います。これから接種を予定されている方の参考に少しでもなれば幸いです。
2021-04-24 12:11:00

歯科医師の使命㊶

202104241734392356.png202104241734404940.png
 20日は医療従事者として新型コロナワクチンの接種を高橋ハートクリニック様にてしてきました。昼の12時に出向き院長の和彦先生から接種していただきました。同医院では毎年インフルエンザの予防接種をお願いしていますので、流れはいつも通りですがそこはコロナですので、対応はちょっと異なってました。以下はワクチン接種の顛末です。
 予診票は接種券が付いており内容的には形式は違いますがインフルエンザの問診票とほぼ同じです。ただワクチンの説明が書いてある小冊子を渡されよく読んで理解したかのチェックを入れます。体温計で体温を測り平熱であることを確認して接種します。今回のワクチンはファイザー社製です。注射器はちょっと見はわかりませんが(写真1)、針がずいぶん細い気がしました。結構肩に近いところだという話でしたので、半そでを着用していきました。和彦先生の説明では肩峰から3指下の三角筋に打つというお話でした。インフルの時は注射嫌いの自分にとっては予告なしでしてもらっていましたが、この日はカメラで自撮りしながらでしたので、針を刺す合図とともに接種(写真2)。プレッシャーとストレスがマックスでしたが、痛みをほとんど感じませんでした。たとえて言えばつまようじで皮膚を一瞬「押される」感じ。いつもなら針を抜いた後でも刺入点に痛みが残りますが、今回は終わった後はなんともありません。
 その後はアナフィラキシーショック等の副反応が起きないかどうか、待合室で15分待機しましたが、特に何もありませんでした。最後に、接種したワクチンのメーカー・ロットナンバーのシールを貼付した新型コロナワクチン接種記録書という用紙を受け取り帰って来ました。次回は3週間後だそうです。
 午後の診療はいつもどおりで倦怠感、発熱なども出ませんでした。しかし、夕方から刺入点にやや痛みが出て、だんだん強くはなってきました。ただ日常生活に支障をきたすというものではなくて、万歳するとちょっと痛いかな程度でした。入浴は可能ですが、刺入点にはあまり触れないようにとのことでした。就寝後は刺入点を下にして寝るとやや痛いです。
 接種翌日は痛みの程度は明瞭になり、手を挙げるとちょっと痛いですが、机上の仕事や診療はほぼ問題なしです。熱や倦怠感もありませんでした。午後には腕の痛みはやわらぎ、だんだん気にならなくなりました。接種翌々日は肩の痛みは残ってましたが、ほぼ正常になりました。
 初めて新型コロナのワクチンが登場したとき、ワクチンに対し歴史的に拒否反応の強い日本ですので、当初日本人に行ったアンケートでは、是非打ちたい人とためらう人との割合が拮抗していました。接種を先行する医療従事者でさえも同様の結果でした。さらに感染しても症状が出ないと言われていた若者たちがインタビューで「副反応が怖いから打ちたくない」と発言すのを聞いて、『ちょっと違うよなあ』と感じていました。そもそもワクチンによる副反応より、コロナに感染した場合のほうが圧倒的な被害を被るわけですから、普段の感染対策を十分に行いワクチンを接種することを第一に考えたほうがよいかと思います。
 最近は変異株が席巻し、若者にも多く感染しさらに後遺症も年齢に関係なく起きています。幸い、最近の論文では今回のコロナワクチンは変異株にも一定の効果があるとされていますし、接種を希望する人の割合も急激に増えています。今の供給体制は十分といえませんが、早く一般の皆さんも接種できるようにしてもらいたいと思います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...